会社概要

◆社長あいさつ
◆企業情報
◆沿革 & 紙面の特徴
◆新聞媒体資料
◆行動指針

【社長あいさつ】

 「日刊ゲンダイ」は㈱講談社グル―プの㈱日刊現代が発行する“毎日出る雑誌”です。昭和50年の創刊時の編集長は元週刊現代の編集長でした。新聞やテレビが報じないが、読者に伝えたい出来事はたくさんある。しかし、週1回しか発行できない週刊誌ではネタが古くなってしまう。だったら毎日出そう、ということで「日刊ゲンダイ」が始まったのです。

「日刊ゲンダイ」は創刊時の編集方針を今なお貫いています。大きなメディアが忖度して書かないようなことにズバズバ斬り込む。読者目線で大衆の本音、怒り、疑問を紙面にぶつける。実用記事でもビジネスマンが求めるホントの情報を網羅すべく、日々、記者が飛び回っています。競馬記事は記者が厩舎に密着、他紙にはない独自のナマの情報を伝えています。

 デジタル時代にあっても、「日刊ゲンダイ」が伝える情報の中身は変わりません。他社がやらない独創、大メディアにはできない斬り口。この方針は創刊以来変わりません。むしろ、いまのネットメディアがやろうとしていることを先駆けてやってきたのが「日刊ゲンダイ」なのです。ますますのご愛顧をよろしくお願いいたします。

代表取締役社長 寺田俊治 代表取締役社長 寺田俊治

【企業情報】

会社名 株式会社日刊現代
本社住所 〒104-8007 東京都中央区新川1丁目3番17号 新川三幸ビル
社長 寺田 俊治
従業員数 113名(2021年11月末日現在)
設立 1975年(昭和50年)9月27日
資本金 1億円
関連会社 株式会社日刊現代大阪
〒530-0055 大阪府大阪市北区野崎町5番9号 読売大阪ビル
株式会社ノンコム
〒104-0033 東京都中央区新川1丁目3番17号 新川三幸ビル201号

【沿革】

○ 1975年(昭和50年)10月27日
「日刊ゲンダイ」(東京版)を創刊
○ 1981年(昭和56年)11月15日
「日刊ゲンダイ」(大阪版)を刊行
○ 1981年(昭和56年)12月1日
日刊サッポロ株式会社(現・株式会社日刊スポーツプロモーション)より
北海道版(新聞名は「日刊サッポロ」)を刊行
○ 1992年(平成4年)4月1日
株式会社中部経済新聞社より「日刊ゲンダイ」(中部版)刊行
○ 2006年(平成18年)6月1日
「日刊サッポロ」を「日刊ゲンダイ」に改名
○ 2016年(平成28年)1月4日
本社を東京都中央区築地から東京都中央区新川に移転

【紙面の特徴】

 普通の新聞とは一味違う「毎日発行する雑誌=デイリーマガジン」を標榜し創刊。政治、経済、株、健康、スポーツ、ゴルフ、競馬、風俗など、硬軟取り混ぜた幅広いテーマを取り上げ、即売紙全国ナンバーワンを誇っている。

 発行エリアは、北海道版が北海道、東京版が関東近県から青森県、静岡県まで、中部版が静岡県(浜松以西)から岐阜県・三重県、富山県まで、大阪版が関西エリアから滋賀県、福岡県まで。

【媒体資料】

日刊ゲンダイ 新聞媒体資料

【行動指針】

女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    キンプリ脱退であいた“CMの穴”に「なにわ男子」をジャニーズ事務所が猛プッシュ?

    キンプリ脱退であいた“CMの穴”に「なにわ男子」をジャニーズ事務所が猛プッシュ?

  2. 2
    巨人大盤振る舞いのナゼ? 中田翔「年俸倍増3億円・3年契約」への疑問

    巨人大盤振る舞いのナゼ? 中田翔「年俸倍増3億円・3年契約」への疑問

  3. 3
    織田信成モラハラ裁判で浮き彫りに…フィギュアスケート界が抱える「闇」

    織田信成モラハラ裁判で浮き彫りに…フィギュアスケート界が抱える「闇」

  4. 4
    「silent」で話題 夏帆の評価がようやく才能と一致…新井浩文との熱愛など人生すったもんだ

    「silent」で話題 夏帆の評価がようやく才能と一致…新井浩文との熱愛など人生すったもんだ

  5. 5
    第1子妊娠の戸田恵梨香 引退におわせは「コンプラ疲れ」か「家庭優先」か

    第1子妊娠の戸田恵梨香 引退におわせは「コンプラ疲れ」か「家庭優先」か

もっと見る

  1. 6
    敗血症で死去の渡辺徹さん…”献身妻”榊原郁恵との離婚危機報道の真相は?

    敗血症で死去の渡辺徹さん…”献身妻”榊原郁恵との離婚危機報道の真相は?

  2. 7
    日本シリーズ連覇狙う谷原秀人 今季はLIVゴルフで“甘い汁”吸うも…来季は用無しに

    日本シリーズ連覇狙う谷原秀人 今季はLIVゴルフで“甘い汁”吸うも…来季は用無しに

  3. 8
    俳優・渡辺徹さんが死去…妻・榊原郁恵さんとは“酒をめぐる口喧嘩”が交際のきっかけだった

    俳優・渡辺徹さんが死去…妻・榊原郁恵さんとは“酒をめぐる口喧嘩”が交際のきっかけだった

  4. 9
    山川穂高は複数年を拒否、平良は保留……西武「一難去ってまた一難」の憂鬱

    山川穂高は複数年を拒否、平良は保留……西武「一難去ってまた一難」の憂鬱

  5. 10
    広島1位・斉藤優汰 女手ひとつで育った特進クラス1位“超優等生”の伸びしろと弱点

    広島1位・斉藤優汰 女手ひとつで育った特進クラス1位“超優等生”の伸びしろと弱点