著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代―99年ワールドユース準優勝と日本サッカーの10年 (SJ sports)」「「いじらない」育て方~親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃2 プロサッカー選手のジュニア時代」など。

キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

公開日: 更新日:

 ルマン時代にフランスサッカー界に旋風を巻き起こし、その存在が広く知れ渡った。中学3年で短期留学した名門パリ・サンジェルマン(パリSG)への移籍話も浮上。本人も「パリに行きたかった」と今も後悔の念が残っているという。

  ◇  ◇  ◇

 松井はルマンで4シーズンを過ごし、2008年夏にサンテティエンヌへ行くことになったが、その前に大きな移籍話が舞い込んだという。

「07~08年シーズンの途中だったと思います。フランス人の代理人から『パリSGのルグエン監督がキミを欲しいと言っている』と聞かされた。実際、パリまで行ってルグエンと話もしました。『今、チームは2部降格圏内にいるから正式オファーはできないけど、来年1部に残ったら取りたい』と直々に言われ、胸が高鳴りましたね」

 とはいえ、パリSGはあくまで「獲得希望」。同じタイミングで同じ仏リーグのサンテティエンヌと独シュツットガルトからオファーがあった。サンテティエンヌは「08年3月までにサインをしてくれ。それがリミットだ。サインしなければ別の選手を取りに行く」と、かなり強硬なスタンスだったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2

    野呂佳代が出るドラマに《ハズレなし》?「エンジェルフライト」古沢良太脚本は“家康”より“アネゴ”がハマる

  3. 3

    岡田有希子さん衝撃の死から38年…所属事務所社長が語っていた「日記風ノートに刻まれた真相」

  4. 4

    「アンメット」のせいで医療ドラマを見る目が厳しい? 二宮和也「ブラックペアン2」も《期待外れ》の声が…

  5. 5

    ロッテ佐々木朗希にまさかの「重症説」…抹消から1カ月音沙汰ナシで飛び交うさまざまな声

  1. 6

    【特別対談】南野陽子×松尾潔(3)亡き岡田有希子との思い出、「秋からも、そばにいて」制作秘話

  2. 7

    「鬼」と化しも憎まれない 村井美樹の生真面目なひたむきさ

  3. 8

    悠仁さまの筑波大付属高での成績は? 進学塾に寄せられた情報を総合すると…

  4. 9

    竹内涼真の“元カノ”が本格復帰 2人をつなぐ大物Pの存在が

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方