阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

公開日: 更新日:

 昨20日に一軍合流した阪神大山悠輔(29)。今季は打率.199と低迷し、すっかり自信を喪失。自らファーム調整を申し出て、6月5日に登録抹消されていた。

 二軍でも4試合で12打数2安打、打率.167。ファームの遠征にも帯同せず、鳴尾浜に居残りでバットを振り込んでいたものの、わずか2週間で復調したかは疑問だ。

 この日は前日19日にファームで1回2失点のゲラも一軍に合流した。阪神は現在2位につけるが、交流戦は7勝11敗の10位と惨敗。そんな悶々とした岡田監督の心中をズバリ指摘したのが、盟友の掛布雅之氏である。

 17日に出演した地元放送局MBSの「よんちゃんTV」で、「上(一軍)の状態で大山を佐藤のように引き上げるのではなく、大山が『4番に戻れます』と自分で言うまで待ってほしい」と話すと、5月15日に二軍落ちし、6月7日に復帰した佐藤輝についても、

「(当初は)10日で上げるんですか? と聞いたら『無期限』だと。でも、大山が二軍落ちし、村上でも勝てない。その時になぜ佐藤を上げたのか。これは岡田監督の焦りだと思う」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  2. 2

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  5. 5

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  1. 6

    パリ五輪辞退の宮田笙子は再起できるのか…境遇が重ねられるバトミントン桃田賢斗はその後

  2. 7

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    スピードワゴン小沢一敬は松本人志と一蓮托生で復帰不可能か…幸せの骨頂の相方とは絶望的格差