著者のコラム一覧
春日良一五輪アナリスト

長野県出身。上智大学哲学科卒。1978年に日本体育協会に入る。89年に新生JOCに移り、IOC渉外担当に。90年長野五輪招致委員会に出向、招致活動に関わる。95年にJOCを退職。スポーツコンサルティング会社を設立し、代表に。98年から五輪批評「スポーツ思考」(メルマガ)を主筆。https://genkina-atelier.com/sp/

IOCは命がけで戦争終結を訴えたロシア人自転車選手の勇気に報いなければいけない

公開日: 更新日:

 国際オリンピック委員会(IOC)は6月15日にパリ五輪に参加できる個人中立選手(AIN)を初めて発表した。

 IOCは2022年2月のロシアによるウクライナ侵攻後、五輪休戦を破ったロシアとベラルーシを世界のスポーツ界から追放していたが、選手は尊重されるべきであり、国家の罪を選手に負わせるべきでないという考えがあった。

 標準記録や予選の条件を満たし、所属する国際競技連盟(IF)の審査をパスし、最終的にIOCが設けた「個人中立選手資格審査会」が承認した選手は、「中立の旗」の下でAINとしてパリ五輪参加ができる。ウクライナでの戦争を積極的に支援していないことと自国の軍隊とのつながりがないことを証明するために、IFとIOCのダブルチェックを受ける。

 その審査を通過した選手の第1次リストがIOC理事会終了後のタイミングで公表されたのだが、その数はロシア選手14人、ベラルーシ選手11人。驚くべき少なさだ。参加競技種目も自転車のロード種目、体操のトランポリン、ウエートリフティング、そしてレスリングだけである。世界陸連は両国選手の参加を全面的に拒否しており、その他のIFも両国選手の復帰に手間取っていることもあるが、最終リストでもせいぜい今の2倍になる程度と思われる。東京五輪2020ではロシア330人、ベラルーシ104人だった。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2

    野呂佳代が出るドラマに《ハズレなし》?「エンジェルフライト」古沢良太脚本は“家康”より“アネゴ”がハマる

  3. 3

    岡田有希子さん衝撃の死から38年…所属事務所社長が語っていた「日記風ノートに刻まれた真相」

  4. 4

    「アンメット」のせいで医療ドラマを見る目が厳しい? 二宮和也「ブラックペアン2」も《期待外れ》の声が…

  5. 5

    ロッテ佐々木朗希にまさかの「重症説」…抹消から1カ月音沙汰ナシで飛び交うさまざまな声

  1. 6

    【特別対談】南野陽子×松尾潔(3)亡き岡田有希子との思い出、「秋からも、そばにいて」制作秘話

  2. 7

    「鬼」と化しも憎まれない 村井美樹の生真面目なひたむきさ

  3. 8

    悠仁さまの筑波大付属高での成績は? 進学塾に寄せられた情報を総合すると…

  4. 9

    竹内涼真の“元カノ”が本格復帰 2人をつなぐ大物Pの存在が

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方