著者のコラム一覧
Ricardo Setyonジャーナリスト

リカルド・セティオン 1963年生まれ。サンパウロ出身。中東戦争やユーゴスラビア紛争などを現地取材。スポーツジャーナリストに転身し、8カ国語を操りながらブラジルメディア以外にも英「ワールドサッカー」、伊「グエリン・スポルティーボ」など幅広く執筆。BBCのラジオ番組にも出演。98年、02年のW杯期間中にブラジル代表付き広報を務めた。現在もジーコ、ロナウド、ロナウジーニョ、カフー、ドゥンガら大物との親交も厚い。13年コンフェデレーションズカップではFIFA審判団の広報。国内では「ワールドサッカーダイジェスト」「スポルティーバ」などでコラムを執筆中。ブラジルのマッケンジー大、パナマのパナマ大、イスラエルのハイファ大などでスポーツマネージメントの講義を行う。自他ともに認める「サッカークレージー」。

サーフィン「タヒチ開催」への疑問…「海中の審判塔建設計画」に世界中から猛反発

公開日: 更新日:

 ボンジーア&ボンジュール!

 オリンピックは基本的に1都市開催ってのは知っているよね? ただ、どうしてもその都市で開催できない競技は、近隣で行うことはあった。前回の東京五輪マラソンサッカーなどは東京以外で行われた。その「街の外」が、どんどん遠くなっている。今回はパリどころか、フランスをも飛び出して、サーフィンがタヒチで行われるんだ。パリから離れること実に1万5715キロ。歴代で最も遠い場所だ。

 これまで、国外で競技が行われたことは1度だけ。1956年のメルボルン五輪。馬術競技がスウェーデンのストックホルムで行われた。でも、これは「畜産が盛んなオーストラリアの検疫が長いため」という理由があったんだ。

 それと比べると、今回のサーフィンは、なぜタヒチでやらなきゃいけないか疑問だ。パリに海はないけど、フランスにはサーフスポットとして有名な場所はいくつもあるからね。タヒチはフランスの海外準県のポリネシアにある。どうやらフランスは「我々は国外にも多くの領土を持っている」ってことを五輪を使ってアピールしたいらしい。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2

    野呂佳代が出るドラマに《ハズレなし》?「エンジェルフライト」古沢良太脚本は“家康”より“アネゴ”がハマる

  3. 3

    岡田有希子さん衝撃の死から38年…所属事務所社長が語っていた「日記風ノートに刻まれた真相」

  4. 4

    「アンメット」のせいで医療ドラマを見る目が厳しい? 二宮和也「ブラックペアン2」も《期待外れ》の声が…

  5. 5

    ロッテ佐々木朗希にまさかの「重症説」…抹消から1カ月音沙汰ナシで飛び交うさまざまな声

  1. 6

    【特別対談】南野陽子×松尾潔(3)亡き岡田有希子との思い出、「秋からも、そばにいて」制作秘話

  2. 7

    「鬼」と化しも憎まれない 村井美樹の生真面目なひたむきさ

  3. 8

    悠仁さまの筑波大付属高での成績は? 進学塾に寄せられた情報を総合すると…

  4. 9

    竹内涼真の“元カノ”が本格復帰 2人をつなぐ大物Pの存在が

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方