著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代―99年ワールドユース準優勝と日本サッカーの10年 (SJ sports)」「「いじらない」育て方~親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃2 プロサッカー選手のジュニア時代」など。

中学卒業前に渡仏しパリSGの入団テストに合格も…3カ月の短期留学が海外志向をかき立てた

公開日: 更新日:

 今年2月に23年のプロ生活に終止符を打った。流浪のサッカー人生の始まりは、中学3年時のパリ・サンジェルマン(パリSG)での3カ月の短期留学だろう。そこで彼は「異文化に適応しながらたくましく生き抜くことの大切さ」を知ったのだ。

  ◇  ◇  ◇

 初めてパリへ赴いたのは1997年1月。進学が決まっていた鹿児島実業高校の恩師・松澤隆司総監督(故人)に知人を紹介され、父・一雄さんとともに渡仏。タクシーで練習場に向かった。

「まずスタッフに言われたのは『なぜテスト生がタクシーで来るんだ?』という皮肉でした。15歳の自分は大いに面食らったことをよく覚えています」といきなりカルチャーショックを受けた。

「父が帰国して1人になってからはメトロとバスで通いましたが、最初はバスの乗り方が分からず、最寄り駅から練習場まで30分、歩く羽目になりました。やっとの思いで着いたが、誰もいない。『急に休みになったんだろう』と考えてアパートに帰ったら、『おまえには口と耳があるだろう。どうして人に聞いて確かめないんだ』と怒られた。その日は時間変更になっていたんですよね……。言葉も通じないし、食事も硬いフランスパンばっかり。困ったことが続きました」と苦笑する。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2

    野呂佳代が出るドラマに《ハズレなし》?「エンジェルフライト」古沢良太脚本は“家康”より“アネゴ”がハマる

  3. 3

    岡田有希子さん衝撃の死から38年…所属事務所社長が語っていた「日記風ノートに刻まれた真相」

  4. 4

    「アンメット」のせいで医療ドラマを見る目が厳しい? 二宮和也「ブラックペアン2」も《期待外れ》の声が…

  5. 5

    ロッテ佐々木朗希にまさかの「重症説」…抹消から1カ月音沙汰ナシで飛び交うさまざまな声

  1. 6

    【特別対談】南野陽子×松尾潔(3)亡き岡田有希子との思い出、「秋からも、そばにいて」制作秘話

  2. 7

    「鬼」と化しも憎まれない 村井美樹の生真面目なひたむきさ

  3. 8

    悠仁さまの筑波大付属高での成績は? 進学塾に寄せられた情報を総合すると…

  4. 9

    竹内涼真の“元カノ”が本格復帰 2人をつなぐ大物Pの存在が

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方