著者のコラム一覧
羽川豊プロゴルファー

1957年栃木県出身。79年日本学生ゴルフ選手権優勝。翌80年にプロテストに合格すると、ルーキーイヤーの81年は日本オープン、日本シリーズに優勝。同年代の湯原信光、倉本昌弘とともに「ニューウェーブ三羽烏」と呼ばれた。82年にはメジャーのマスターズから招待され、初出場で15位。「世界最強レフティー」と絶賛された。現在はシニアツアーでプレー。テレビ解説者としても活躍している。

技術とメンタルを試す究極のセッティングがデシャンボーとマキロイの好勝負を引き出した

公開日: 更新日:

 最終日終盤はB・デシャンボー(30)とR・マキロイ(35)の一騎打ちの様相となった今年の全米オープン。LIVゴルフとPGAツアーを代表する2人だけに、「どちらも負けられない戦い」という見方をしていたファンも多かったのではないでしょうか。そんな因縁めいた話は別にして、まさに手に汗握る一進一退の好勝負でした。

 舞台となった米ノースカロライナ州の「パインハースト№2」は周囲が刈り込まれた砲台の高速グリーンが特徴です。狙いどころが1ヤード違うだけで、ピンの手前に落ちたボールでもグリーンの奥に転がり落ちてしまう。5メートル以内のバーディーチャンスにつけるにはグリーンの半分以上は視界から消さなければならないほど、精度の高いアイアンショットが求められます。

 おわんを逆さまにしたようなグリーンの左右や奥に外せば簡単に寄せることはできず、傾斜にぶつけて転がすか、ピッチエンドランでいくか、ロブでふわりと上げるか、想像力を働かせてパターやウエッジ、ウッドなどを選択する。首尾よく1メートルに寄せても、パーパットがカップ横を抜けると2メートルもオーバー。そこで心が切れたら終わりです。厳しい舞台で一打を争う戦いは、心の強さも求められます。技術とメンタルを試す主催者(全米ゴルフ協会)の究極ともいえる演出は心憎いばかりです。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロッテ佐々木朗希の「豹変」…記者会見で“釈明”も5年前からくすぶっていた強硬メジャー挑戦の不穏

  2. 2

    陰で糸引く「黒幕」に佐々木朗希が壊される…育成段階でのメジャー挑戦が招く破滅的結末

  3. 3

    石丸伸二氏に若者支持も「上司にしたくない?」…妻や同級生の応援目立った安野貴博氏との違い

  4. 4

    介護保険証も紙廃止→マイナ一本化へ厚労省方針…業界から案の定あがった「時期尚早」の声

  5. 5

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  1. 6

    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚会員限定記事

  2. 7

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  3. 8

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  4. 9

    石丸伸二現象の古臭さ…NHK“新たな選挙戦”とヨイショも「強い言葉」「メディア攻撃」に既視感

  5. 10

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪