早打ちの大谷に「1番打者」が務まるの? 不向きなうえに「伴わない結果」データが裏付け

公開日: 更新日:

 その瞬間、ボコッと鈍い音がした。

 日本時間17日のロイヤルズ戦の七回、アルタビーラの投じた158キロの速球がベッツ(31)の左手を直撃したのだ。

 ベッツはその場に倒れ込むと、左手首のあたりを抑えながら、苦悶の表情でのた打ち回った。

 試合後、ロバーツ監督はベッツの骨折と離脱を明らかにしたうえで、代わりに大谷翔平(29)を1番で起用することを示唆した。

 大谷はエンゼルス時代も含めてメジャーでは64試合、1番を打った経験がある。だが、結果は234打数62安打の打率.265。2番は1155打数330安打の同.286、3番は967打数262安打の同.271。打数が最も多い1~3番の中で、打率が最も低いのが1番なのだ。

 本塁打は1番が16.71打数に1本、2番が12.41打数に1本、3番が16.67打数に1本。一発を打つ確率も1番が最も低い。

 1番の打順は結果が伴わないうえに、不向きという指摘もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで