山本由伸 ポストシーズンも“戦力外”に現実味…ドジャースが絶対に避けたい465億円右腕の重症化

公開日: 更新日:

 日本人ルーキー右腕の右肩が悲鳴を上げた。

 ドジャース山本由伸(25)が日本時間17日、「右肩腱板損傷」で15日間の負傷者リストに入った。最短で今月30日に復帰は可能だが、「ノースローで2~3週間、様子を見る」とはデーブ・ロバーツ監督。再調整を含めて実戦復帰までに時間を要するため、前半戦は絶望的となった。

 肩の腱板損傷は「腱板」といわれる4つの筋腱(棘上筋、棘下筋、肩甲下筋、小円筋)が傷ついて痛みが生じる。日本球界では過去に斉藤和己(ソフトバンク)らが発症し、現役引退の引き金となるなど、選手生命を左右しかねない故障のひとつとして知られる。

 山本の離脱について聞かれた大谷は「手遅れになる前に休めたのではないかなと思いますし、順調に回復していけば早い段階で帰ってこられるんじゃないかな」と思いやったが、早期復帰は可能なのか。

 元中日のチームドクターで「亀戸佐藤のり子クリニック」の佐藤のり子院長がこう説明する。

「損傷の程度にもよりますが、軽いものであれば、再生治療のPRP(多血小板血漿)を選択します。損傷が激しかったり、断裂が見られれば、内視鏡による縫合手術を施すのが一般的です。PRP、内視鏡とも最短3カ月での復帰は可能です。特に山本投手の場合、契約時のメディカルチェックで肩や肘の故障リスクが判明していると思われ、重傷化する前に早めに休養させたのでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで