山本由伸の「右肘」をドジャースは入団前から危惧! 超大型契約の中には“伏線”も

公開日: 更新日:

 ドジャースは日本時間17日、12年465億円で契約を結んでいる山本由伸(25)を右上腕の張りのため、15日間の負傷者リスト(IL)に入れたと発表した。 
 
 米メディアからは球団の管理体制を疑問視する声も上がっているが、ロバーツ監督は山本のコンディションを考慮して本来、14日のレンジャーズ戦だった登板予定を16日に後ろ倒し。中5日だった登板間隔を中7日に空けたうえ、「(登板は)問題ない」という本人の言質まで得ていた。(【前編】からつづく)

  ◇  ◇  ◇ 

 過去に海を渡った日本人投手の多くは、1年目の前半戦までに肘の靱帯を痛めている。エンゼルス時代の大谷翔平(29=ドジャース)、ヤンキース時代の田中将大(35=楽天)、オリオールズ時代の和田毅(43=ソフトバンク)もしかり。「メジャー公認球は日本のプロ野球のものと比べて大きく、表面がサラサラして滑りやすい。なのでボールが高めに抜けるようになる。ブルペンで問題なくなっても、実戦に入ると違う。低めに投げようと無意識のうちに指先に力が入り、やがて前腕の筋肉が炎症を起こし、肘を痛めた」とは日米両方のボールを扱った投手だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  2. 2

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  5. 5

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  1. 6

    パリ五輪辞退の宮田笙子は再起できるのか…境遇が重ねられるバトミントン桃田賢斗はその後

  2. 7

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    スピードワゴン小沢一敬は松本人志と一蓮托生で復帰不可能か…幸せの骨頂の相方とは絶望的格差