山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

公開日: 更新日:

 465億円右腕が早くも離脱である。

 ドジャースは日本時間17日、山本由伸(25)を右上腕の張りのため、15日間の負傷者リスト(IL)に入れたと発表した。

 この日の試合前、日米の報道陣に対応したデーブ・ロバーツ監督は「先を見越してILに入れるのが最善と判断した」と話した。

 山本は先発した16日のロイヤルズ戦で「右上腕三頭筋」に張りを訴えて二回で降板。指揮官は前日の試合後、「前回登板の数日後から張りはあった。だから登板を遅らせたし、彼は登板するのに問題ないと言っていた」と説明。

 ロバーツ監督によれば、山本が右上腕の張りを訴えたのは8日のヤンキース戦の数日後。山本はその試合で自身メジャー移籍後最多の106球を投げ、同最速となる約158キロをマーク。速球の平均球速は約156キロと、それまでの今季平均の154キロを上回った。

 ヤンキースはア・リーグ東地区首位で、リーグの本塁打記録(62本)を持つジャッジ(32)を筆頭に打線が強力なチームだ。強敵相手だけに、山本がこれまで以上に出力を上げたのは想像に難くない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  2. 2

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  5. 5

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  1. 6

    パリ五輪辞退の宮田笙子は再起できるのか…境遇が重ねられるバトミントン桃田賢斗はその後

  2. 7

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    スピードワゴン小沢一敬は松本人志と一蓮托生で復帰不可能か…幸せの骨頂の相方とは絶望的格差