セルビア「監督、主力不在」の不気味…今夜の対戦で女子バレー日本代表は“丸裸”にされる

公開日: 更新日:

 日本バレーボール協会は14日、女子日本代表がパリ五輪の出場権を獲得したとの通知を国際連盟(FIⅤB)から受けたと発表した。

 日本は当初、13日のネーションズリーグ(VNL)カナダ戦(北九州)で逆転負けし、五輪出場権獲得は持ち越になったとされていた。しかし、この日、FIVBなどが再度、五輪出場の条件となる世界ランキングのポイントを精査したところ、2試合を残して五輪出場権を得られることが判明した。

 真鍋政義監督はサプライズでの6大会連続出場に「パリ五輪の出場権を獲得するが一番の目標だったので、安堵している」などとコメントを発表。「次のセルビア戦に勝ち、東京五輪金メダルの米国にも勝って、(VNLの)ファイナルラウンドやパリ五輪に向かいたい」としたが、次戦(15日)の相手で金メダル候補といわれるセルビア(世界ランク8位)は不気味な存在だ。

 すでに五輪出場を決めている同国は本番に備えて主力に休養を与え、国内の「三軍メンバー」で今大会に参戦。しかも、かつてドイツやトルコ代表を指揮して国際大会での実績があるジョバンニ・グイデッティ監督(51=イタリア)は来日すらせず、バッカン・アシスタントコーチに指揮を任せている。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロッテ佐々木朗希の「豹変」…記者会見で“釈明”も5年前からくすぶっていた強硬メジャー挑戦の不穏

  2. 2

    陰で糸引く「黒幕」に佐々木朗希が壊される…育成段階でのメジャー挑戦が招く破滅的結末

  3. 3

    石丸伸二氏に若者支持も「上司にしたくない?」…妻や同級生の応援目立った安野貴博氏との違い

  4. 4

    介護保険証も紙廃止→マイナ一本化へ厚労省方針…業界から案の定あがった「時期尚早」の声

  5. 5

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  1. 6

    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚会員限定記事

  2. 7

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  3. 8

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  4. 9

    石丸伸二現象の古臭さ…NHK“新たな選挙戦”とヨイショも「強い言葉」「メディア攻撃」に既視感

  5. 10

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪