パリ五輪内定の大坂なおみ、錦織圭 メダルの可能性は…両者ともメンタル万全、モチベ十分

公開日: 更新日:

 パリ五輪の出場が内定したのがテニス大坂なおみ(26=世界ランク125位)と錦織圭(34=同286位)。

 去る13日、日本テニス協会は、公傷制度を利用した2人のランキングが出場圏内に入っているという通知が国際テニス連盟から届いたと発表したのだ。

 パリ五輪のテニスの舞台は全仏と同じローラン・ギャロス、クレーコート(赤土)で行われる。

 大坂はそもそもクレーが苦手と言われる。2021年の全仏は2回戦の前に棄権、うつの悩みも告白している。同年の東京五輪では聖火ランナーも務めて注目を浴びながら、3回戦で敗退した。

 が、今季はつまづくきっかけとなった全仏で3連覇を達成したシフィオンテク(23=同1位)からマッチポイントを握るなど女王を追い詰めた。シフィオンテクが全仏の全7試合でセットを奪われたのは大坂との2回戦だけだ。

「子供ができ、あえて苦手なクレーコートから新たな挑戦をしようということでしょう。同じクレーのパリ五輪はその延長線上にある。東京五輪は早々と敗れたこともあって、パリ五輪にかける気持ちは強い。そもそも力のある大坂が、メンタル面も充実しています。実力的にはシフィオンテクと1、2を争う存在だと思いますね」(スポーツライターの武田薫氏)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  2. 2

    菊池風磨、亀梨和也は結婚も? スピリチュアル霊能者が2024年芸能界下半期をズバリ占う!

  3. 3

    巨人・桑田真澄二軍監督が「1人4役」大忙し…坂本勇人を感激させた“斬新アドバイス”の中身

  4. 4

    町田ゼルビア黒田剛監督は日本サッカー界の風雲児か? それともSNSお祭り炎上男か?

  5. 5

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  1. 6

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  2. 7

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    指原莉乃が筆頭、元“神7”板野友美も参入 AKB48卒業生のアイドルプロデュースが増加する背景

  5. 10

    「サマージャンボ宝くじ」(連番10枚)を10人にプレゼント