西武・今井達也“堪忍袋の緒”はブチ切れ寸前? 好投まったく報われずメジャー志向は増す一方

公開日: 更新日:

 どこまで我慢ができるか。

 10日現在、借金21でリーグダントツの最下位に沈んでいる西武。12球団ワーストのチーム打率.206の貧打線に加え、本来ならばナインをけん引すべきエースの高橋光成(27)も防御率4.47で勝ち星なしの6敗。まるで頼りにならず、かねてから球団に要求しているメジャーへのポスティングも、言い出しにくい成績だ。

 もっとも、西武のメジャー予備軍は高橋だけにあらず。平良海馬(24)も渡米への思いを隠しておらず、今井達也(26)もかつて「将来的にはメジャーに挑戦したい」と話したことがある。

 今井は今季10試合で防御率2.26。75三振はリーグ最多でQS率も8割と高いものの、貧打線に足を引っ張られ、3勝2敗だ。これまでは球団に対してポスティングの要求などはしてこなかったが……。

「今の時代は『年間通して活躍しても勝ち星を稼げなければタダ働き』なんてことはないが、好投を続けてもチームが勝てないのでは、モチベーションは下がる一方です。今井は以前、自身のインスタライブで球団への不満を口にしたこともある。貧打がいつまでも解消されず、このまま沈みっぱなしでは、いつ今井の堪忍袋の緒が切れても不思議じゃありませんよ」(球団OB)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  5. 5

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  1. 6

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」