著者のコラム一覧
武田薫スポーツライター

1950年、宮城県仙台市出身。74年に報知新聞社に入社し、野球、陸上、テニスを担当、85年からフリー。著書に「オリンピック全大会」「サーブ&ボレーはなぜ消えたのか」「マラソンと日本人」など。

錦織圭はパリ五輪が「花道」になる可能性…全仏OP2回戦途中棄権に隠された意図

公開日: 更新日:

 テニスの全仏オープンが終盤に入った。

 37歳のジョコビッチはロングマッチを2試合勝ち抜いたものの、準々決勝を棄権。その結果、22歳のシナーがイタリア勢初の世界ランク1位になり、21歳のアルカラスとの準決勝は今大会のクライマックス、ポスト3強の幕開けだ。

 前半で、大坂なおみが第1シードのシフィオンテクをマッチポイントまで追いつめた。しかし、この顔合わせでスタンドはガラガラ。休養からの復帰には時間も実績も求められる。錦織圭の久々のプレーにファンはさまざまな思いをはせただろう。

 1回戦の相手は、カナダがラオニッチの進化版と期待する22歳の新鋭、身長203センチのガブリエル・ディアロ。7-5、7-6、3-6、1-6、7-5、錦織が4時間22分のフルセットを制した。

 故障明けの今季は3月に1試合プレーしただけ。グランドスラム出場が3年前の全米以来とは思えない果敢なプレーで、左右への打ち分けにサーブ&ボレーも織り交ぜ、錦織らしい“魅せる”テニス。勝利への執着、懸命にボールを追い続ける姿にいまの心境を想像した。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  2. 2

    菊池風磨、亀梨和也は結婚も? スピリチュアル霊能者が2024年芸能界下半期をズバリ占う!

  3. 3

    巨人・桑田真澄二軍監督が「1人4役」大忙し…坂本勇人を感激させた“斬新アドバイス”の中身

  4. 4

    町田ゼルビア黒田剛監督は日本サッカー界の風雲児か? それともSNSお祭り炎上男か?

  5. 5

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  1. 6

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  2. 7

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    指原莉乃が筆頭、元“神7”板野友美も参入 AKB48卒業生のアイドルプロデュースが増加する背景

  5. 10

    「サマージャンボ宝くじ」(連番10枚)を10人にプレゼント