巨人・堀田賢慎はなぜ「打たれそうで打たれない」のか…防御率1点台キープする「4つの秘密」

公開日: 更新日:

 巨人の堀田賢慎(23)が一発に泣いた。

 今季4勝目と東京ドーム初勝利を目指し、昨5日のロッテ戦に先発。三回までは安打を許さなかったが、四回に暗転した。ポランコ、高部に連打を浴びると、4番ソトに外角高めの145キロ直球を右翼スタンドのギリギリに運ばれた。

【写真】この記事の関連写真を見る(10枚)

 結局、打たれた安打はその3本だけ。5回で81球を投げ、3安打3奪三振3失点の内容に、阿部監督は試合後、「(打たれた3ランは)『外角に真っすぐを投げろ』と指示を出したので、こちらの責任です」と責めなかった。

 これで2敗目(3勝)となったが、それでも防御率は1.77。昨オフの台湾でのウインターリーグで自己最速の157キロをマークした。それだけに「剛速球投手」の印象を与えるが、阿部監督は先日、「球種は少ないし、逆に何で勝てるんだろう。スピードも140、141、142キロで抑える。相手も打てそうで打てないんじゃないか。いい意味で不思議な投手」と評していた。ちなみに、この日の最速は148キロ。巨人OBで元投手コーチの高橋善正氏(評論家)が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    松本人志裁判にA子さんいよいよ出廷か…執拗な尾行と知人弁護士との不倫疑惑に怒り

  2. 7

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  3. 8

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  4. 9

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  5. 10

    尾行、妨害、不倫、元女性誌編集長…松本人志vs文春の裁判がスゴいことになってきた