阪神・大山悠輔を絶不調に変えた根本原因…良かれと取り組んだオフの肉体改造が裏目

公開日: 更新日:

「どうやって打てばいいか分からない」という言葉が深刻な状況を物語っている。

 4日に二軍落ちが決まった阪神大山悠輔(29)のことだ。

 打率はリーグワーストの.199で本塁打もわずか3本。岡田彰布監督(66)は「相当、自信を失っている」と曇り顔で、当面は二軍でミニキャンプを張ることになった。

 開幕直前に下半身の張りでオープン戦を4試合連続欠場。ぶっつけ本番で開幕を迎えた影響もあるのだろう。昨季は全試合に4番で出場し、打率.288、19本塁打、78打点をマーク。99四球を選び、最高出塁率(.403)のタイトルを獲得した。2018年から昨季まで6年連続で2ケタ本塁打をマークした打者とは思えない惨状だ。

 その大山について岡田監督は「体のキレが全然ない」とバッサリ。力んで直球に差し込まれる場面が多いことに不満を感じているようだ。ロッテ西武で通算2081安打をマークした名球会会員の山崎裕之氏はこう言う。

「大山ほどの選手なら、調子が落ちてきたときにどう対処すればいいかを理解しているはず。にもかかわらず、自分を見失うのですから、かなり深刻な状況と言えます。コンディションに問題がないのなら、岡田監督が言うように、まずは二軍で体のキレを取り戻すべきでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路