笹生&渋野ワンツーフィニッシュの興奮さめやらぬが…6日開幕サントリーLは聖地巡礼がモチベーション

公開日: 更新日:

 前週の全米女子オープンは笹生優花渋野日向子のワンツーフィニッシュで国内ゴルフ界は沸きに沸いた。国内の女子プロたちも月曜日の早朝は眠い目をこすりながら観戦した者が多かったようだが、「次は私も…」と夢舞台での活躍を誓った選手もいただろう。

 6日開幕の宮里藍サントリーレディス(兵庫・六甲国際GC=6526ヤード・パー72)の優勝者と2位は、8月22日開幕の全英女子オープンの出場権を手にできる。

 今年の会場は世界のゴルファーが一度は訪れたいと願う「ゴルフの聖地」セントアンドルーズだ。前回の開催は2013年。この年は佐伯三貴比嘉真美子が7位と健闘した。

 海岸沿いのリンクスは「1日に四季がある」と言われ、晴れていたと思ったら突然大雨が降り出したり、急に強風が吹き荒れ、気温が下がるなど不安定な天候が特徴だ。しかし、スコットランドも温暖化の影響を受けているのだろう。近年はずぶ濡れになって両手をこすり合わせるシーンはめっきり見られなくなった。海沿いなので、ときおり強風が吹くことは避けられず、112個もあるバンカーに1度も入れないというのも無理。それでも国内から参戦する選手でも上位争いができないコースではない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  5. 5

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  1. 6

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」