著者のコラム一覧
宮崎紘一ゴルフジャーナリスト

日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

公開日: 更新日:

 世界中のトップが集結した先の「全米プロゴルフ選手権」(ケンタッキー州・バルハラGC)。世界レベルの戦略的なコースの中でX・シャウフェレが、2020年全米オープン勝者のB・デシャンボー(共に米国)を1打差で退け、悲願のメジャー初優勝を遂げた。

 国内男子ツアーは同週に「関西オープン」(滋賀県・名神八日市CC)が行われ、国内屈指の飛ばし屋・幡地隆寛(30)が国内ツアー初勝利をあげた。

 この時、テレビ中継のアナウンサーは「あの飛距離で、すぐにでも米ツアーで戦ってほしい」と述べたところ、解説をしていた細川和彦プロが「いや、その前に日本ツアーで5勝、10勝ぐらいの活躍をしてから、世界で戦ってほしい」と言った。もっと優勝経験を積んでからでも遅くはないとの意見のようだが、それは的外れだ。

 世界のゴルフツアーでは現在、オフィシャル・ワールド・ゴルフ・ランキング(OWGR)が主流になっている。そんな中で日本ツアーは完全に蚊帳の外だ。

 ランキングのベースとなるポイントを見ると、例えば冒頭の全米プロ優勝が100ポイントに対し、関西オープンはたったの6.11ポイント。日本最高峰の「日本オープン」でさえ、昨年は6.63ポイントだった。まさに“雀の涙”。その原因は世界の流れに目を背けた国内プロゴルフ界にある。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで