西武・渡辺監督代行の伝家の宝刀「人事権」はV字回復の特効薬 中日戦で就任後初勝利

公開日: 更新日:

 西武渡辺久信GM兼監督代行(58)が初勝利を挙げた。

 29日の中日戦は、先発の隅田が8回無失点の好投。投手戦を制した。

 松井稼頭央監督(48)が26日に成績不振で休養し、交流戦開幕の28日から渡辺代行体制に。試合前まで15勝31敗の借金16。首位ソフトバンクに16.5ゲームの大差をつけられる絶望的状況から、V字回復を果たせるのか。

 西武で監督が休養するのは2014年6月の伊原監督以来。20勝33敗と低迷するチームを引き継いだ田辺監督代行は、それまで禁止されていた茶髪やヒゲを容認。夏場以降はドラ1新人の森友哉を抜擢するなど、その後は43勝44敗5分けと一定の成績を収めた。

 過去、監督が休養して成績が好転した最たる例は、10年のヤクルト(高田監督13勝32敗1分→小川代行59勝36敗3分)と、20年のオリックス(西村監督16勝33敗4分→中嶋代行29勝35敗3分)だ。

「小川代行は畠山和洋、中嶋代行は杉本裕太郎と、前政権で塩漬けにされていた選手を抜擢。チーム浮上の起爆剤になった。今回の渡辺代行は就任直後の28日、不振で二軍落ちしていたコルデロを一軍に招集。同日の中日戦から7番・左翼でスタメン起用しているが、2試合連続無安打に終わっている。今の西武には畠山、杉本のような存在がいないだけに、苦しいところではある」(球団OB)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  2. 2
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3
    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

  4. 4
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  2. 7
    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?

    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?

  3. 8
    女子バレー元日本代表・栗原恵“BIGカップル”昼下がりの目撃談…長身女性“独特の悩み”とは

    女子バレー元日本代表・栗原恵“BIGカップル”昼下がりの目撃談…長身女性“独特の悩み”とは

  4. 9
    マイナ保険証はトラブル続きなのに…河野デジタル相は紙廃止「問題なし」一点張りの厚顔不遜

    マイナ保険証はトラブル続きなのに…河野デジタル相は紙廃止「問題なし」一点張りの厚顔不遜

  5. 10
    巨人・岡本和真「急失速の真犯人」…19打席ぶり安打もトンネル脱出の気配いまだ見えず

    巨人・岡本和真「急失速の真犯人」…19打席ぶり安打もトンネル脱出の気配いまだ見えず