日本勢21人出場の全米女子OP なぜコースを知るプロキャディーは竹田麗央を推すのか

公開日: 更新日:

 舞台は米国北東部ペンシルベニア州にあるランカスターCC(6583ヤード・パー70)。前回は2015年に開催され、13人の日本勢が出場。8人が予選を通過し、通算3アンダー5位に入った大山志保は最終日に優勝争いで見せ場をつくった。 同コースで9年ぶり2度目の開催となる今年は、畑岡奈紗(25)、古江彩佳(24)、西村優菜(23)など米女子ツアーを主戦場とする選手に、国内から山下美夢有(22)や小祝さくら(26)、神谷そら(21)など21人の日本勢が参戦。15年大会33位の鈴木愛(30)もリベンジに燃えている。 15年優勝のチョン・インジ(29)の優勝スコアは通算8アンダー。全米女子オープンのコースは簡単には攻略できない。

 15年大会で鈴木のバッグを担いだプロキャディーの梅原敦氏がコースについてこう語る。

「まず距離が長く、アウトは高低差があるホールが多い。当時は風も吹き、グリーンはかなり硬くなりました。ティーショットをフェアウエーに置かないとグリーンに止めることはできません。鈴木プロは天才的に小技が上手いので、グリーンを外してもパーを拾えるが、フェアウエーキープが鉄則です。全米女子オープンはティーマークを極端に動かすのが特徴で、例えばパー4で90ヤード以上も前に出して1オンを狙わせることもある。練習ラウンドから想定しておかなければ、本番で景色の違いや番手選びで戸惑います。この点はキャディーの助言、つまり心の準備が重要になります」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  2. 2
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3
    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

  4. 4
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  2. 7
    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?

    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?

  3. 8
    女子バレー元日本代表・栗原恵“BIGカップル”昼下がりの目撃談…長身女性“独特の悩み”とは

    女子バレー元日本代表・栗原恵“BIGカップル”昼下がりの目撃談…長身女性“独特の悩み”とは

  4. 9
    マイナ保険証はトラブル続きなのに…河野デジタル相は紙廃止「問題なし」一点張りの厚顔不遜

    マイナ保険証はトラブル続きなのに…河野デジタル相は紙廃止「問題なし」一点張りの厚顔不遜

  5. 10
    巨人・岡本和真「急失速の真犯人」…19打席ぶり安打もトンネル脱出の気配いまだ見えず

    巨人・岡本和真「急失速の真犯人」…19打席ぶり安打もトンネル脱出の気配いまだ見えず