著者のコラム一覧
羽川豊プロゴルファー

1957年栃木県出身。79年日本学生ゴルフ選手権優勝。翌80年にプロテストに合格すると、ルーキーイヤーの81年は日本オープン、日本シリーズに優勝。同年代の湯原信光、倉本昌弘とともに「ニューウェーブ三羽烏」と呼ばれた。82年にはメジャーのマスターズから招待され、初出場で15位。「世界最強レフティー」と絶賛された。現在はシニアツアーでプレー。テレビ解説者としても活躍している。

狭くなっていく「全英への道」…4枚の切符が消失、R&Aの決定に抱く懸念

公開日: 更新日:

 逆に、「二刀流」のメジャーリーガー大谷翔平が移籍して注目されているドジャースには、国内企業が殺到し、この春から多くが複数年のスポンサー契約を結びました。

 国内のトーナメント事業を統括するJGTO(日本ゴルフツアー機構)は、海外ツアーと情報交換し、ツアー規模を拡大したり、海外企業が投資したいと思えるプランを選手と一緒に考えて欲しい。

 ただし、国内ツアーが魅力的になれば資金と一緒に海外選手もやってくる。国内選手の出場枠が減ってしまうという新たな問題も生まれますが、米ツアーで活躍する松山英樹は別格にしても、川村昌弘、谷原秀人星野陸也金谷拓実、久常涼(今季から米ツアーへ移籍)、中島啓太ら、すでに多くの選手がアジアンツアーやDPワールドツアーに参戦しています。自らレベルの高いツアーで世界ランキングを上げていかなければ、メジャーの舞台に立つことはできません。

 今の流れでいけば、国内で行われている全英や全米オープンの予選会もいつまで継続されるかわからない。今年の全英(ロイヤルトルーン)には、昨年の日本オープンを制した岩崎亜久竜も出場しますが、「前年の日本オープン覇者」も全英出場資格から消されてしまわないか。今回のR&Aの決定からそんな懸念を抱いているのは私だけではないでしょう。

  ◇  ◇  ◇

 国内男子ツアーの人気低迷ぶりは悲惨の一言に尽きる。日程は虫食い状態で録画放送がはびこり、コースは低レベル。そんな事態を招いた「元凶」について、●関連記事【もっと読む】…で詳しく報じている。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    松本人志裁判にA子さんいよいよ出廷か…執拗な尾行と知人弁護士との不倫疑惑に怒り

  2. 7

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  3. 8

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  4. 9

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  5. 10

    尾行、妨害、不倫、元女性誌編集長…松本人志vs文春の裁判がスゴいことになってきた