友成那智
著者のコラム一覧
友成那智スポーツライター

 1956年青森県生まれ。上智大卒。集英社入社後、今はなきPLAYBOY日本版のスポーツ担当として、日本で活躍する元大リーガーらと交流、米国での現地取材も頻繁に行いアメリカ野球やスポーツビジネスへの造詣を深める。集英社退社後は、各媒体に大リーグ関連の記事を寄稿。04年から毎年執筆している「完全メジャーリーグ選手名鑑」は日本人大リーガーにも愛読者が多い。

ダルに対する米メディアの評価は「日米通算200勝」より「37歳以上で25イニング連続無失点」

公開日: 更新日:

 パドレスのダルビッシュ有が日米通算200勝を達成したと、日本のメディアが大々的に報じている。米国の主要スポーツメディアでも、NPB、MLBで合わせて200勝したことを報じてはいるが2番手扱いで、どのメディアも「4試合連続無失点」の方に大きな比重を置いている。

 米最大のスポーツ専門局ESPNは「パドレスのダルビッシュ。スコアレスイニングを25に伸ばし、200勝目もゲット」との見出しでブレーブス戦の好投を報じた。日米通算200勝の方は、それを達成したのは野茂英雄黒田博樹に次いで3人目であること、ダルビッシュ本人のコメント、パドレスのシルト監督の型通りの賛辞を交えて手短に掲載しているだけ。25イニング連続無失点の方は「年齢が37歳以上の投手で25イニング連続無失点をやってのけたケースは2015年のバートロ・コローン以来の快挙」「パドレスでは1980年にランディ・ジョーンズが達成して以来の記録」と過去の偉大な投手名を出して、この記録の価値の大きさを示そうとしている。

 日本人選手の日米通算記録が、日本で熱狂的に報じられたのは16年にイチローが日米通算でピート・ローズの世界記録(4256本)を追い抜いた時だ。この時、米メディアの中にはピート・ローズの「(日本のメディアは)俺をヒットのキングからクイーンにしようとしている。次は高校での安打数も加えるんじゃねえか」というコメントを掲載して日米通算記録の意味のなさを皮肉っぽく報じるところもあったが、今回はそんな記事は一つも見られなかった。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  2. 2
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3
    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

  4. 4
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  2. 7
    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?

    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?

  3. 8
    女子バレー元日本代表・栗原恵“BIGカップル”昼下がりの目撃談…長身女性“独特の悩み”とは

    女子バレー元日本代表・栗原恵“BIGカップル”昼下がりの目撃談…長身女性“独特の悩み”とは

  4. 9
    マイナ保険証はトラブル続きなのに…河野デジタル相は紙廃止「問題なし」一点張りの厚顔不遜

    マイナ保険証はトラブル続きなのに…河野デジタル相は紙廃止「問題なし」一点張りの厚顔不遜

  5. 10
    巨人・岡本和真「急失速の真犯人」…19打席ぶり安打もトンネル脱出の気配いまだ見えず

    巨人・岡本和真「急失速の真犯人」…19打席ぶり安打もトンネル脱出の気配いまだ見えず