日本ハム期待の新星は「令和の曲者」か…あの達川光男氏「昭和、平成の匂いを感じる」と大絶賛

公開日: 更新日:

日本ハムの好調は田宮の存在が大きいと思う」 こう言うのは、元広島監督の達川光男氏だ。

 昨季まで2年連続最下位だった日本ハムは今季、貯金7の2位と好調を維持。昨26日の楽天戦で2本の適時打を放つなど、好守に躍動しているのが今季6年目の捕手・田宮裕涼(ゆあ=23)だ。

 38試合に出場し、規定打席にはわずかに足りないものの、打率.322をマーク。冒頭の達川氏は、「打撃はもちろん、リードも、初球の入り方や内角の使い方がうまい。意表を突いて内角球で見逃し三振を取ったり。私は現役時代、江夏豊さんから『捕手のリードは、初球の入り方、どこで内角を使うか、この2つで決まる』と教わったものです。キャッチングもうまい。低く構えて投手が投げやすいはず。所作もいい。投手と会話ができてます。球を受けたらすぐに投手に返すし、サイン出しも早い。バッテリーのリズムがいいと、相乗効果で内外野全体が守りやすくなります」と、評価する。

 その田宮は最近、SNS上で自身の死球を巡ってちょっとした騒ぎになっている。17日のロッテ戦、24日の楽天戦でそれぞれ死球を受けた際、「肘出しをしている」と、指摘されているのだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  2. 2
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3
    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

  4. 4
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  2. 7
    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?

    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?

  3. 8
    女子バレー元日本代表・栗原恵“BIGカップル”昼下がりの目撃談…長身女性“独特の悩み”とは

    女子バレー元日本代表・栗原恵“BIGカップル”昼下がりの目撃談…長身女性“独特の悩み”とは

  4. 9
    マイナ保険証はトラブル続きなのに…河野デジタル相は紙廃止「問題なし」一点張りの厚顔不遜

    マイナ保険証はトラブル続きなのに…河野デジタル相は紙廃止「問題なし」一点張りの厚顔不遜

  5. 10
    巨人・岡本和真「急失速の真犯人」…19打席ぶり安打もトンネル脱出の気配いまだ見えず

    巨人・岡本和真「急失速の真犯人」…19打席ぶり安打もトンネル脱出の気配いまだ見えず