“ダメ大関の見本市”が後押し 新小結大の里「来場所で大関昇進」への期待と懸念

公開日: 更新日:

 グッズの売り上げも、すでにトップクラスともっぱらだ。本場所で親方衆自ら売り子をする「親方売店」で、呼び込みを行っていた荒汐親方(元幕内蒼国来)が言う。

「今場所序盤、宇良が元気だったころは宇良グッズが大量に出ていた。後半になってからは大の里のグッズが、かなり出るようになりました」

 今場所は横綱照ノ富士をはじめ、大関貴景勝霧島と上位陣が立て続けに途中休場。初日は横綱、大関、関脇が全滅するという昭和以降で初の惨事が話題になった。土俵のレベル低下が叫ばれる中、若くてイキがいい大の里の出世は、相撲協会にとっても奇貨である。

 しかし、早すぎる出世は同時に不安ももたらす。

「全員が全員とは言わないが、若いうちに出世しすぎると傍若無人になりがちですからね。横綱になったのが22歳だった白鵬(現宮城野親方)をはじめ、26歳の千代の富士、23歳の双羽黒、22歳の貴乃花などを見ればよくわかる。師匠の教育が出世に追いつかず、若いうちからチヤホヤされるので、本人が勘違いしてしまう。大の里も今場所前に同部屋の未成年力士への飲酒強要を週刊誌に書かれ、協会から厳重注意を受けている。師匠も入門たった1年で部屋頭になった弟子には弱腰らしく、稽古中、大の里が自身の目の前で手を抜いても注意できないと聞いている」(角界OB)

 前出の芝田山親方も、「あとはもっと稽古をするべき。1時間の稽古で息があがっているようでは、まだまだだよ」と課題を口にしていた。ダメ大関の見本市のような現状では、大の里の早期の昇進を期待する声が出るのも当然ではあるが、「促成栽培」には不安も尽きない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  5. 5

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  1. 6

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」