巨人・戸郷ノーノー達成で“100億円超契約”の資格ゲット 公言するメジャー志向ますます加速

公開日: 更新日:

 現在、メジャーの先発としてプレーする日本人投手のうち、カブスの今永昇太(30)、ドジャース山本由伸(25)、タイガースの前田健太(36)が日本時代にノーヒットノーランを達成。右肩痛で故障者リスト入りしているメッツの千賀滉大(31)もそうだ。ノーヒッターの勲章を手に海を渡ったこの4人はいずれも、総額100億円以上(出来高込み)の大型契約を結んでメジャー入りを果たした。

 戸郷の快投で連敗を4で止めた巨人阿部慎之助監督は当然、「いや、もう、素晴らしい。それしかないです」と満面の笑み。「ジャイアンツを引っ張っていく存在。開幕(投手)に指名したのも僕。意図に気づいてくれているはず」と続けたが、この日の快挙でエースのメジャーへの思いは加速しそうである。

  ◇  ◇  ◇

 日刊ゲンダイは過去に戸郷の母・ヒトミさんに取材を実施。釣りと野球が大好きだった戸郷は幼少期から暇さえあれば竿か球を握っていたという。ヒトミさんや、母校・聖心ウルスラ学園の小田原斉監督が語った仰天エピソードの数々とは……。

●関連記事【戸郷を知る】…も要チェックだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  5. 5

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  1. 6

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」