ロッテ佐々木朗希の直球が今季イマイチなのはスライダー多投の弊害か…“宝刀”フォークにも影響

公開日: 更新日:

「いい投手であるのは間違いないですが、去年と比べて、直球が思った以上に伸びてこない」

 ロッテ佐々木朗希(22)についてこう話すのは、ライバル球団の関係者だ。

 最速165キロを誇る直球は佐々木の大きな武器。24日のソフトバンク戦では162キロをマークしたが、冒頭の関係者は、

「昨年の直球の平均球速は約159キロでしたが、今季は155キロ程度。イニング数を稼ぐために、力をセーブしているようにも見えますが、空振り率は昨年の約12%から6%と半減。ストライク率も10%ほど落ちています。被打率も上がってますし、昨年は91イニングでわずか1被弾だったのに、今季はすでに2本打たれている。芯で捕らえられたり、ファウルでカットされるケースもある。少なくとも、直球の質は落ちていると見ています」

 さらにこの関係者は、「スライダーを多投している影響ではないか」とこう指摘する。

「朗希は今季、伝家の宝刀であるフォークの割合を減らし、タテに落ちるスライダーを多投しています。ただ、スライダーは諸刃の剣。どんなに器用な投手でも、スライダーを覚えると、指先の感覚に狂いが生じ、直球のキレや制球に影響が出るもの。実際、朗希は昨年、WBCの日本代表合宿でダルビッシュ(パドレス)にスライダーを伝授され、ブルペンで習得に励んだものの、ストレートやフォークがスライダー回転するなど、苦心していた。それから比べれば、今はかなり良くなってはいますが…」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ロッテ佐々木朗希は母親と一緒に「米国に行かせろ」の一点張り…繰り広げられる泥沼交渉劇

    ロッテ佐々木朗希は母親と一緒に「米国に行かせろ」の一点張り…繰り広げられる泥沼交渉劇

  2. 2
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  3. 3
    2024年初夏注目のCM美女「次のブレーク候補」6人の名前と魅力 女優評論家がピックアップ

    2024年初夏注目のCM美女「次のブレーク候補」6人の名前と魅力 女優評論家がピックアップ

  4. 4
    西武激震!「松井監督休養、渡辺GM現場復帰」の舞台裏 開幕前から両者には“亀裂”が生じていた

    西武激震!「松井監督休養、渡辺GM現場復帰」の舞台裏 開幕前から両者には“亀裂”が生じていた

  5. 5
    陰で糸引く「黒幕」に佐々木朗希が壊される…育成段階でのメジャー挑戦が招く破滅的結末

    陰で糸引く「黒幕」に佐々木朗希が壊される…育成段階でのメジャー挑戦が招く破滅的結末

  1. 6
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  2. 7
    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  3. 8
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代