打って走って好成績維持する大谷の“アタマ”の秘密 ハンデ抱えメジャー3位の勝利貢献度

公開日: 更新日:

 大谷は子供のころから野球アタマがバツグンに良かった。中学時代は水沢シニアでプレーしていたこともあり、学校の野球部の試合には出なかった。ベンチでスコアもつけずに見ているだけだったにもかかわらず、初見の相手投手や打者の特徴を正確に把握。打球方向まで次から次に言い当てて、傍らにいた監督を仰天させたほど。

 昨季の本塁打王の大谷は、各球団から徹底的にマークされている。それでも本塁打や安打を量産し、確実に盗塁を重ねているのは、厳しい攻めをかいくぐって結果を出せるだけの観察眼やアタマの良さがあればこそだ。

  ◇  ◇  ◇

 そんな大谷を待ち受けているのは、イッペイによる「暴露本出版」かもしれない。イッペイは大谷の口座からカネを盗み出すだけではなく、歯科治療費までネコババしていたことが露呈しただけに、「お金のためなら何をやっても不思議ではない」という声も聞こえている。

●関連記事【もっと読む】水原一平被告の爆売れ必至“大谷暴露本”出版秒読み?カネ盗み歯科費用すらネコババした性根 では、それらについて詳しく報じている。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路