絶好調カブス今永の足を引っ張る味方のザル守備…失策招くシカゴの猛烈な日差し

公開日: 更新日:

 カブス・今永昇太(30)はここまで防御率0.84。メジャーの先発投手で唯一、0点台をキープ。MLB公式サイトが23日に発表したパワーランキングの先発部門で1位に立つなど、日増しに評価は高まるばかりだが、障壁が立ちはだかる。

 カブスは伝統的にデーゲームが多く組まれ、今季あと34試合。DeNA時代の今永は比較的、デーゲームを苦手にしており、直近2年は4試合に登板し0勝2敗、計24イニングで自責15の防御率5.63と打ち込まれた。今季は3試合17イニングで1勝0敗、防御率0.00と安定しているとはいえ、油断は禁物だ。

 ただでさえ、カブスはザル守備。チーム総失策数32はマーリンズの36に続いてリーグワースト2位。二塁ホーナー(8)、三塁モレル(5)、一塁ブッシュ、遊撃スワンソン(ともに4)と主力内野手は揃って守備に難がある。

 外野も決して鉄壁とは言い難い。4人合わせて2失策ながら、右翼の鈴木は17日のパイレーツ戦で、ほぼ正面のライナーを取り損ねる痛恨のミス。これがタイムリーエラーとなり、決勝点を献上した。鈴木は昨季終盤にもチームのポストシーズン進出を逃す失策を犯しており、広島時代に5度受賞したゴールデングラブも当てにならない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ロッテ佐々木朗希は母親と一緒に「米国に行かせろ」の一点張り…繰り広げられる泥沼交渉劇

    ロッテ佐々木朗希は母親と一緒に「米国に行かせろ」の一点張り…繰り広げられる泥沼交渉劇

  2. 2
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  3. 3
    2024年初夏注目のCM美女「次のブレーク候補」6人の名前と魅力 女優評論家がピックアップ

    2024年初夏注目のCM美女「次のブレーク候補」6人の名前と魅力 女優評論家がピックアップ

  4. 4
    西武激震!「松井監督休養、渡辺GM現場復帰」の舞台裏 開幕前から両者には“亀裂”が生じていた

    西武激震!「松井監督休養、渡辺GM現場復帰」の舞台裏 開幕前から両者には“亀裂”が生じていた

  5. 5
    陰で糸引く「黒幕」に佐々木朗希が壊される…育成段階でのメジャー挑戦が招く破滅的結末

    陰で糸引く「黒幕」に佐々木朗希が壊される…育成段階でのメジャー挑戦が招く破滅的結末

  1. 6
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  2. 7
    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  3. 8
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代