巨人がビビる“阪神ガラスのエース”の復権 原監督時代「2021年の悪夢」が今でも脳裏に

公開日: 更新日:

 巨人が恐れる阪神の切り札が、交流戦明けの復帰を視野に入れている。

 阪神・髙橋遥人(28)が昨23日、静岡で行われたくふうハヤテ戦に先発。4月17日のオリックスとの二軍戦で893日ぶりに対外試合の登板を果たして以来、復帰後5試合目で最長の3イニングを投げた。打者9人に対し、無安打4奪三振無失点。最速は146キロだった。

 2022年に左肘、23年に左肩を手術したことで、現在は育成契約となっている。静岡は常葉学園橘出身の髙橋の地元。思い出の草薙球場のマウンドで、支配下登録復帰、一軍復帰へ向け、アピールを続けている。

 一方、首位阪神を追う3位巨人にとってこの左腕は、原前監督の時代から顔を見るのも嫌な天敵である。さる巨人OBがこう言う。

「21年のレギュラーシーズンで16イニング連続無失点投球を食らった。9月に6者連続を含む13三振を喫し、プロ初の完封勝利を許した。10月には7回1安打で11三振を奪われた。阪神の投手では4年ぶりとなる対巨人2試合連続2ケタ奪三振で計24三振と手も足も出なかった。この年は阪神に9勝13敗1分けと最も大きく負け越したことでV逸(3位)。巨人ベンチにはいまだに『髙橋遥人アレルギー』が残っている。翌年、髙橋がトミー・ジョン手術のため離脱した時も原監督は『阪神のあの左(投手)はどうした? 今年は帰ってこないのか?』とコーチに確認していたそうです。阿部監督に代わっても、髙橋がいつ一軍に合流するのか気になっている様子です」(前出のOB)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽