プロアマを“人質”にした協会の傲慢ぶりで伝統ある大会が消滅危機…3年前から続く対立構造の根本

公開日: 更新日:

 協会が主催者に対して強気なのはプロアマ人気が背景にある。大会直前に主催者の取引関係者を招き人気女子プロと一緒にラウンドするコンペが好評なのだ。主催者の中には「プロアマ大会が無事に終わってくれたらそれだけで十分」というところもある。

 これは小林会長の前任者である樋口久子前会長が女子プロにホスピタリティーを徹底させて人気を定着させたイベントだ。小林会長の手柄ではない。

 ところが小林会長は“プロアマ大会をやりたいんでしょ。だったら言うとおりにしなさいよ”といわんばかりに主催者の弱みを握っているから、高圧的な姿勢がとれるのだ。そして、来年から主催者にさらなる負担アップを通達して今、問題になっている案件がある。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    松本人志裁判にA子さんいよいよ出廷か…執拗な尾行と知人弁護士との不倫疑惑に怒り

  2. 7

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  3. 8

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  4. 9

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  5. 10

    尾行、妨害、不倫、元女性誌編集長…松本人志vs文春の裁判がスゴいことになってきた