日本ハム山﨑福也が5勝でリーグトップ 好調の秘密はOB絶賛「超速テンポの初球ストライク率」

公開日: 更新日:

 この日、3失点した二回は打者8人に対し、初球はすべてボール球だった。それ以外の4.1回は打者15人に対し、初球ストライクは13人。初球ストライク率は実に87%だった。やはり、好投のバロメーターがストライク先行だということがよくわかる。

「この日は6回3分の1を投げて4失点。決して調子は良くなかった。FA移籍後、古巣との初対戦で、しかも試合前には球宴ファン投票の第1回中間発表があり、ロッテ佐々木朗希に4000票余りの差をつけて、パの先発部門の1位に立った。さすがに力みがあったのだと思う。ただ、ここまでは最終的に1位選出されてもおかしくない結果を残していると言っていい」(球団OB)

 オフにオリックスから日本ハムにFA移籍。巨人ソフトバンクなど6球団の争奪戦となり、条件では日本ハムを上回る球団も複数あった。それでも、父・章弘氏の古巣で、中学3年時に患った脳腫瘍の手術を北海道大学病院で受けた縁を決め手とした左腕に、日本ハムファンが歓喜したのも当然だった。今年の球宴第1戦(7月23日)はエスコンで行われるが、山﨑福の得票は本拠地開催のご祝儀だけではないだろう。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    松本人志裁判にA子さんいよいよ出廷か…執拗な尾行と知人弁護士との不倫疑惑に怒り

  2. 7

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  3. 8

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  4. 9

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  5. 10

    尾行、妨害、不倫、元女性誌編集長…松本人志vs文春の裁判がスゴいことになってきた