ダルビッシュ「日本ハムドラ1入団」の舞台裏…巨人が寝技で“4位指名画策”していた衝撃

公開日: 更新日:

 2004年のドラフト日本ハムから単独1位指名を受けた。

 東北高時代、甲子園でノーヒットノーランを達成するなど、未来のエース候補としての能力は疑いようがなかった。一方、スカウトの間で「練習嫌いで扱いにくい問題児」という「性格面」の評判も流れ、1位指名を回避した球団もあったが、その逆もあった。

 さる球界関係者がこう言う。

「04年は『自由獲得枠』という制度で、1、2巡目で2人の“逆指名”枠を使ったら、ドラフト本番での指名は4位から。巨人は1巡目で野間口(シダックス)、2巡目で三木(八戸大)の自由枠での獲得が決まっていた。これを放棄しないと1位クラスのダルは獲得できないが、当時の巨人のスカウトはダル側に『プロに行かない』と会見で表明させ、日本ハムなどを引かせた上で、4位で指名できるか模索していたといいます。父親のファルサさんが窓口だったダル側は首を縦に振らなかったと聞きますが……。1位でプロ入りできる可能性があるのに、4位指名というのは割に合わないということでしょう。巨人は長嶋監督時代の98年ドラフトでも、上原(大体大)、二岡(近大)を逆指名で取った上で、横浜高の『平成の怪物』松坂を3位で獲得しようと動いたというから、ダルもそれほどの逸材と評価されていたわけです」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽