ダルビッシュ「サイドスローで日本ハム復帰」の可能性...かつて本人が語った“最悪最後、中継ぎも面白い”

公開日: 更新日:

「ファイターズのユニホームをもう一回着たいっていう気持ちは絶対あります」

 ダルビッシュは今年3月、テレビのインタビューでこう言っている。

 日本ハム時代の女房役で対談相手の鶴岡慎也氏に「最後、日本でプレーしたいなって気持ちはある?」と聞かれて、「ありますよ」と即答。冒頭の言葉に続けて、「自分がここにいる理由のひとつ。北海道の皆さんもそう。その気持ちはもちろんあります」と復帰願望を口にしたのだ。

 カブス時代の20年にも北海道のテレビ局の取材に「日本ハム以外には戻らないと思う。戻れたらうれしい」と答えているのだが、パドレスとは昨年2月に28年までの長期契約を締結。契約満了時には42歳になっている。

「36歳での6年契約は“超異例だ”と米メディアの間でも話題になりましたが、長期契約は1年単位の年俸を抑えるための球団のぜいたく税回避策でもあり、実際に年俸は23年の28億円超から今季は18億円とダウンしている。パドレスも実質的には3年契約、4年契約のつもりでしょう。そのときのダルの状態次第とはいえ、40歳になる5年目以降はパドレスが契約破棄に応じる可能性もあるとみています」(現地特派員)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽