FA封印なら8億円パー…大不振の阪神・大山悠輔が絶対に避けたい“争奪戦ナシ残留”

公開日: 更新日:

 開幕から不振に悩む阪神大山悠輔(29)。昨季は「不動の4番」として最高出塁率のタイトルを獲得するなど、リーグ優勝&日本一に貢献。オフの契約更改では、1億5000万円増の2億8000万円で単年契約を結んだ。

 球団からは複数年契約を提示されたものの、これを固辞。今季取得した国内FA権の行使を視野に入れているともっぱらだが、開幕直前に下半身の張りを訴え、オープン戦を4試合連続で欠場。ぶっつけで開幕に臨むも、バットは湿りっぱなしで、去る16日には岡田監督就任以来初のスタメン落ちとなった。

 翌17日に先発復帰すると2安打1打点、18日も決勝の適時打を放ったものの、19日のヤクルト戦は4タコに終わり、打率.213、3本塁打、16打点。低空飛行が続いている。

 セ球団のフロント関係者によれば、「今の阪神では代えがきかない存在。希少な右打ちの強打者であり、チームへの貢献度も高い。今季年俸は決して安くはないものの、大山が手を挙げれば、獲得に乗り出す球団はあると思う」というのだが、このまま低迷が続くようなら、堂々とFA宣言しづらくなるのは確かだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽