快進撃続くカブス今永に疲労蓄積の深刻懸念…DeNA時代に比べ登板間隔タイト&球数も過多

公開日: 更新日:

 カブスの今永昇太(30)が止まらない。

 日本時間19日のパイレーツ戦は7回を4安打無失点、7奪三振。白星こそ付かなかったが、これで防御率はメジャートップの0.84。規定に達している投手で0点台は今永1人だ。

 開幕から圧巻の投球を続けているものの、不安がないわけではない。

 この日は、2日のメッツ戦に続く今季2度目の中4日。それ以外は中5日が5回、中6日が2回。原則中6日だった昨年までのDeNAと比べ、登板間隔は明らかにタイトになっているからだ。

 ア・リーグのあるスカウトは昨季、今永に関してこんな内容のリポートを球団に送っている。

「イマナガの最大の長所は球のキレだ。8月に4失点、6失点、5失点と精彩を欠いた最大の理由は疲れ。疲労が蓄積されると球のキレがなくなる。なので彼は常にフレッシュな状態で使う必要がある。中5日の登板間隔なら、1試合につき75~80球に抑えるべきだろう」

 ここまで1試合平均の球数は約87球。このメジャースカウトの見立て通りなら、登板間隔だけでなく球数もオーバー。このままの起用が続くようならフレッシュな状態を保てないことになる。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽