竹田麗央わずか1カ月で怒濤の3勝目! 不動裕理の年間最多「10勝」更新に現実味

公開日: 更新日:

 ブリヂストンレディス(千葉・袖ケ浦CC袖ケ浦C=6731ヤード・パー72)最終日。竹田麗央(21)が大会記録を1打更新する通算14アンダーで優勝した。

 竹田はプロ初勝利を挙げた4月中旬から約1カ月で6戦3勝。今年12試合で最終日最終組は6度目で、まだ24試合を残している。少々気が早いが、不動裕理が持つ年間10勝も視野に入る。

 ツアー関係者が言う。

「2000年から6年連続賞金女王になった不動が年間10勝したのは03年。あの年は年間30試合で24試合に出場して10勝ですから、とんでもない記録です。竹田はフェードヒッターですが、今大会の平均飛距離が284.63ヤードの飛ばし屋で、4つあるパー5で1イーグル10バーディーを奪った。距離が長いコースやピンが右奥などの難しい位置に切られても、攻めのゴルフでスコアを伸ばせるのが強み。一方、アップダウンがあって、やや狭いコースでは持ち味が生かせない」

 関係者が続ける。

「30日開幕の全米女子オープンに出場するため、同週の国内大会は欠場する。この先、世界ランキングで50位以内に入れば、エビアンや全英女子の出場権も得られる。そうなると、国内で出る試合はさらに減る。今年は初めての海外メジャー挑戦ですから体調維持も難しい。海外メジャーの切符を得て、そちらを優先すれば、この先8勝は厳しいでしょう」

 渡米直前の試合にも出場するという竹田は、「ドライバーショットの飛距離も出ていて方向性もいいので、米国でプレーするのが楽しみです」と言った。ファンも今は海外メジャーでの活躍の方が楽しみだろう。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽