ブルージェイズ菊池雄星が今夏の移籍市場の目玉に急浮上! 抜群の安定感で崩壊状態のローテけん引中

公開日: 更新日:

 今夏のトレード市場は昨夏の大谷に続いて日本人選手が目玉になりそうだ。

 ブルージェイズ・菊池雄星(32)のことだ。2021年までプレーしたマリナーズでは一時、先発失格の烙印を押されたのは今や昔。今季は開幕から好調で、ここまで9試合に登板し2勝3敗と黒星が先行しているものの、防御率2.60、55奪三振。四球はわずか10個(リーグ8位タイ)と抜群の安定感で、崩壊状態のローテをけん引している。選手の貢献度を示すWAR1.7はレッドソックスの右腕ハウク(1.9)、タイガースの左腕スクーバル(1.8)らに次いでリーグ4位につけている。

 チームは17日現在、19勝23敗の勝率.452で首位ヤンキースと9.5ゲーム差のア・リーグ東地区最下位。投打とも振るわず、現時点で上位浮上は絶望的だ。菊池は今季で契約が切れるだけに、ブ軍の地区優勝、ポストシーズン進出が絶望的になれば、今夏のトレード市場に出るのは必至。

 大リーグに詳しいスポーツライターの友成那智氏がこう言った。

「16日のオリオールズ戦では勝利投手の権利目前で降板させられた。扱いを見る限り、ブ軍は菊池をトレード要員に位置付けていると思う。菊池は今季で契約が切れる上に、年俸1000万ドル(約15億円)と今季の働きの割には格安です。年俸は一部負担で済むだけに、メジャーでも貴重な先発左腕の菊池には他球団からのトレードの打診が殺到し、見返りとして有望株が得られるはずです」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽