また負けて1勝5敗で陥落危機…カド番の大関・霧島が「3日目から取材解禁」したワケ

公開日: 更新日:

 望みは名古屋に託す、か。

 今場所カド番の大関霧島(28)は17日、結びで王鵬と対戦。引き落としであっけなく土俵に両手をつく姿に大関の面影はなく、これで1勝5敗の崖っぷち。あと3敗で負け越し、大関陥落である。

 とはいえ、今の霧島に悲壮感はない。この日も、花道を下がりながら、土まみれになった自身の手を見て舌をペロリ、である。

 2日目まではそうではなかった。初日は豪ノ山に敗れ、2日目は平戸海に勝ったものの内容が悪かったこともあってか、2日連続で報道陣の取材をシャットアウト。一言も口を利かなかった。

 それが熱海富士に負けて2敗を喫した3日目からは、毎日、報道陣に対応。口数が少ないわけでもなく、普通に受け答えするようになった。

「今場所は仕方ない、と割り切ったのでしょう」と、親方のひとりは大関の胸の内をこう推察する。

「霧島は先場所前に負った首のケガがいまだ癒えていないのか、立ち合いで相手を下がらせる当たりがない。どこか恐る恐る、という印象です。これでは到底勝ち越せないことは、霧島自身も理解しているはず。大関陥落は避けられないと割り切り、名古屋で行われる来場所での大関復帰に目標を切り替えたのではないか。大関は陥落した翌場所に10勝以上すれば、元の地位に復帰できますからね」

 霧島は昨年3月場所で自身初優勝を果たし、大関昇進後の同11月場所で2回目の賜杯。安定感のある相撲ぶりで、親方衆の間でも「次の横綱候補」と評判だった。

 あの頃の霧島が再び戻ってくればいいのだが……。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽