時疾風秀喜 東農大卒業寸前に鎌首もたげた「相撲熱」宮城県出身27年ぶり新入幕

公開日: 更新日:

「得意の左四つ右上手に持ち込む技術はあるものの、相手に食らいつくのではなく、真正面から胸を合わせてしまう癖があった。体が大きくないのに、大きな相撲を取っていたのが苦戦の原因です。その悪癖も今は修正されつつある。勝っても負けても淡々としているが、内面は熱いともっぱら。そうでなくては、関取にはなれませんよ」(ある親方)

 宮城県出身力士の新入幕は、1997年の五城楼(現浜風親方)以来、27年ぶり。同県出身横綱は4人いるものの、それでも明治時代の大砲が最後だ。はるか昔のように、故郷を相撲で活気づけられるか。

▼ときはやて・ひでき
●本名は冨栄秀喜
●1996年、宮城県栗原市出身
●179センチ、133キロ
●最高位は現在
●今場所前、結婚していたことを発表した

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路