「実際のところ二刀流を勧める立場でもなければ、考えたことも、その発想すらなかった」

公開日: 更新日:

 本塁打王と2度のMVPという実績をひっさげ、プロスポーツ史上最高額でドジャースに移籍した大谷翔平(29)。メジャーでベーブ・ルース以来となる二刀流選手の礎を築いたのは日本ハムだろう。

 大谷を獲得した当時のGMである山田正雄スカウト顧問に結婚、二刀流、その素顔などを聞いた。今回はその【第3回/全4回】

  ◇  ◇  ◇

 ──二刀流が誕生したきっかけを改めて。

「山田さんが二刀流を勧めたんでしょ? という人もいるんだけど。実際、そういう立場でもなかったし、考えたこともなかった。(投手と野手)どっちかをフツーはやるんだろうというね。そういう発想がなかったものですから。ただ、年が明けて自主トレが始まる前に、栗山さんからどっちがいいの? と聞かれたときに、『ピッチャーもいい、バッターもいい』って……なんかこう優柔不断のように、両方いいんじゃないですかと。

どっちがいいって言えないから、それはもう、現場の方で、栗山さんに見てもらって、そこで判断してくださいよと。そういう話なんです。それがどっかで、栗山さんが両方やらせてみよう、見てみようと思ったんじゃないですかね。実際には僕らでなく、栗山さんがそういう考えでやってくれたんだと思います」

 ──栗山監督にはどっちもいいと話したそうですが、山田さん自身はピッチャーとバッター、どっちだと。

「ピッチャーとしてはもうひとつ、コントロールが問題でしたから、ちょっと時間がかかるかなぁと。ただ、いいときもありましたからね。投げられるものはもってましたから、いずれは良くなるだろうと。バッターとしては脚力があるのは分かっていましたし、1年目からかなりいけるだろうとは思ってました、使いさえすればね」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽