ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

公開日: 更新日:

 この日の山本は5回と3分の2を投げて5安打4失点。ここまで9試合に先発して4勝1敗、防御率3.21という成績だが、

「由伸の投手史上最高額には裏がある」と、ア・リーグのさるスカウトがこう言った。

「由伸は佐々木朗希(22=ロッテ)とワンセットになっているというのです。つまり由伸を獲得した球団は、近い将来、朗希も手に入れることができるわけで、これは、とてつもなく大きい。朗希は現行、25歳ルールがあるために、大谷同様、マイナー契約しか結べません。投手としての潜在能力は大谷や由伸より上と言われる朗希を、年俸調停を得るまでの3年間は年俸数千万円でキープできるわけですからね」

 由伸にはもれなく朗希も付いてくるというのであれば、メジャー投手史上最高額の評価になるのも納得だ。放送関係者がこう言った。

「由伸と朗希は、両取りを目論むドジャースが以前から粉をかけていたともっぱら。少なくともドジャースは、2人がワンセットということを把握していたのでしょう。ロサンゼルスでトレーニングをしながらメジャー球団と面談していた由伸がニューヨークへ。ヤンキースとメッツという金満2球団と面談してロスに戻るなり、ドジャースの由伸に対する条件が総額で100億円もアップしたといいますからね。ドジャースは由伸には朗希も付いてくるとわかっていただけに、ニューヨークの2球団に負けるわけにいかないと目の色を変え、それだけの金額を上積みしたのですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  5. 5

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  1. 6

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」