著者のコラム一覧
羽川豊プロゴルファー

1957年栃木県出身。79年日本学生ゴルフ選手権優勝。翌80年にプロテストに合格すると、ルーキーイヤーの81年は日本オープン、日本シリーズに優勝。同年代の湯原信光、倉本昌弘とともに「ニューウェーブ三羽烏」と呼ばれた。82年にはメジャーのマスターズから招待され、初出場で15位。「世界最強レフティー」と絶賛された。現在はシニアツアーでプレー。テレビ解説者としても活躍している。

雨の日はプロでも難しい…ミスの誘発条件てんこ盛り スコアをまとめるのは謙虚な心

公開日: 更新日:

 雨の日は「力みと打ち急ぎ」がミスを誘うとわかっているプロでも失敗を繰り返すわけですから、アマチュアの皆さんならなおさらです。

 そこで雨の日は、謙虚な気持ちでプレーすることをお勧めします。飛距離欲しさにクラブを振り回すことはせず、アドレス前から「ゆっくりなスイング」を意識する。アドレスに入ったら「いつもの7~8割の距離でいい」と割り切ります。距離を抑えたスイングによりフェアウエーに置ける確率は上がります。

 これからの時季はラフも成長し、水分を含めば重くなり、ショートアイアンでもクラブの抜けは悪くなる。ピンまで130ヤードのラフより150ヤードあってもフェアウエーからの方が距離を合わせやすく、グリーンキャッチも容易です。

 付け加えれば、悪条件が重なる雨の日は、なるべくストレスを減らして1番のティーイングエリアに立ちたいものです。レインウエアはもちろんのこと、手や顔を拭くタオルを最低2枚、グリップが滑らない雨用の合皮グローブをキャディーバッグに入れておくべきです。

 雨の日は「準備」と「謙虚さ」でスコアをまとめましょう。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで