大谷「大事を取って」欠場の裏に“二刀流の10年計画” 投打フル回転でボロボロの昨季が反省材料

公開日: 更新日:

「僕は出られるかなという感じでしたけど、大事を取ってです」

 腰の張りで日本時間13日のパドレス戦を欠場した大谷翔平(29=ドジャース)はこう言った。

 そもそも毎日、試合に出てプレーするのが当たり前と考える選手だ。昨年までなら自分がやれると思えば、首脳陣の反対を押し切ってでも試合に出ていた。が、今回は違う。自分は出られると思うが、大事を取るべきという球団の判断に従ったのだ。

 複数の米メディアは大谷をコントロールできなかったエンゼルスと、制御しているドジャースの違いを指摘していたものの、球団というより、本人の考え方、スタンスの大きな変化ではないか。

 大谷がドジャースと10年1000億円超で契約した直後、本人と極めて距離の近い人はこう言って危惧したという。

「二刀流を10年もやれるのか……」

 金額はともかく、二刀流選手として10年契約を結んだことを心配したのだ。

 大谷はしかし、投打の二刀流の負担が大きいことを自覚しながら、本気で10年、二刀流を続けたいと考えている。昨年暮れのNHKのインタビューでこう言っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    松本人志裁判にA子さんいよいよ出廷か…執拗な尾行と知人弁護士との不倫疑惑に怒り

  2. 7

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  3. 8

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  4. 9

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  5. 10

    尾行、妨害、不倫、元女性誌編集長…松本人志vs文春の裁判がスゴいことになってきた