カブス今永昇太の“隠しオプション” 投球の93%を占める直球&スプリットに次ぐ新球種あり

公開日: 更新日:

 カブス・今永昇太(30)が日本時間14日、敵地アトランタでのブレーブス戦に登板する。

 昨季ナ・リーグMVPのアクーニャJr.、ドジャース・大谷を抑えてリーグトップの12本塁打を放っているオスーナら強打者が並ぶブ軍打線がが相手だが、今永は開幕からここまで投球全体の93%を占める直球とスプリットで相手打者をねじ伏せてきた。「デビュー戦からの7試合で防御率1.08、5四球」は防御率が両リーグで公式記録に採用された1913年以降ではメジャー史上初の快挙だった。

 主に2つの球種で快投を続けてきたとはいえ、前回8日のパドレス戦では武器であるスプリットを狙われて逆転の2ランを許した。試合後の今永によれば、投球が単調になって完全に球種を読まれていたのだという。

 今後も対戦相手から研究されて丸裸にされるのは明らかなだけに、今永は「結果が出ると思われる球種を投げているだけなので、もしそれが打たれたら、いろんな引き出しは用意している」と、秘策をほのめかしている。

 ゴームス、アマヤの両捕手とは入念な打ち合わせをして試合ごとに配球を変えるなど、工夫を凝らすだけでない。今後は新球カーブを追加するという。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路