著者のコラム一覧
春日良一五輪アナリスト

長野県出身。上智大学哲学科卒。1978年に日本体育協会に入る。89年に新生JOCに移り、IOC渉外担当に。90年長野五輪招致委員会に出向、招致活動に関わる。95年にJOCを退職。スポーツコンサルティング会社を設立し、代表に。98年から五輪批評「スポーツ思考」(メルマガ)を主筆。https://genkina-atelier.com/sp/

「100年ぶりパリ開催」の意義をIOCはどう考えるか アインシュタインとフロイトが導き出した戦争終焉の解

公開日: 更新日:

 今から92年前に国際連盟が希代の物理学者アインシュタインに、「あなた自身が相手を選び、最も大切な問いについて手紙を書いて欲しい」と依頼した。彼は心理学者フロイトを選び、「人間を戦争のくびきから解き放つことはできるか?」を問うた。20世紀を代表する2人の知者がこの根本的問題を論じていたわけだが、その解は「文化の発展を促せば、戦争の終焉に動き出す」だった。第1次世界大戦が終わり、平和への希求の中で生まれた解だ。

 同時代、ひとりのフランス人もこの問題に解を求めた。それは新たに登場した「身体に関わる文化」だった。それはスポート(Sport)と呼ばれた。世界中の青年たちがスポートを通じてつながることで未来の平和な世界を実現しようとしたのだ。その人の名はピエール・ド・クーベルタン。1894年にパリで発足した国際オリンピック委員会(IOC)は古代ギリシャのオリンピア祭を復興させる。1924年第8回オリンピック競技大会がパリで開催され、第1次世界大戦の復興を象徴した。それは彼がIOC会長として果たした最後の仕事であった。

 その地で100年ぶりに7月26日からオリンピックが開催される。このオリンピックに求められるものは必然、「スポートによる世界平和構築」のメッセージであるべきだ。2022年北京冬季五輪閉会の4日後にロシアはウクライナに侵攻、オリンピックの平和構築装置の基幹である「オリンピック休戦」を打ち破った。IOCはロシアと同盟国のベラルーシに制裁を科し、同国選手は自国を代表しては五輪に参加できない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロッテ佐々木朗希の「豹変」…記者会見で“釈明”も5年前からくすぶっていた強硬メジャー挑戦の不穏

  2. 2

    陰で糸引く「黒幕」に佐々木朗希が壊される…育成段階でのメジャー挑戦が招く破滅的結末

  3. 3

    石丸伸二氏に若者支持も「上司にしたくない?」…妻や同級生の応援目立った安野貴博氏との違い

  4. 4

    介護保険証も紙廃止→マイナ一本化へ厚労省方針…業界から案の定あがった「時期尚早」の声

  5. 5

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  1. 6

    マイナンバー「1兆円利権」山分け 制度設計7社と天下り官僚会員限定記事

  2. 7

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  3. 8

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  4. 9

    石丸伸二現象の古臭さ…NHK“新たな選挙戦”とヨイショも「強い言葉」「メディア攻撃」に既視感

  5. 10

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪