青山学院大・西川史礁 背中を叩くほどのフルスイングを支える強さと柔軟性

公開日: 更新日:

 侍ジャパンでもそうだったように、強烈なフルスイングから繰り出される長打力が武器だ。

 安倍昌彦氏が言う。

「フォローでバットが背中を叩きつけるくらい振れる。力の強さと、肩甲骨の可動域の柔軟性があってこそです。荒っぽい一発屋ではなく、2ストライクに追い込まれてからも、いわゆるおっつけた打ち方ができる。厳しい球はファウルでカットして、甘い球が来たらセンターから逆方向に単打、二塁打を打つ。対応力も優れている打者です。プロでは希少な右打者という点でも、需要は高そうです」

 守備、走塁も評価が高い。

「足は速いし、肩も強い。しかも、際どい打球にダイビング、スライディングで身をていして捕球する球際の強さも兼ね備えています」(安倍氏)

 伸びしろはあるのか。

「2ストライクに追い込まれるまでの確実性が上がればさらに凄い打者になれる。あれだけ強く振るなら、もう少し早めにトップをつくって始動を早めるのも手でしょう」とは、セ球団スカウトだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  2. 2
    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  5. 5
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

    フジテレビ日枝久相談役に「超老害」批判…局内部の者が見てきた数々のエピソード

  3. 8
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  4. 9
    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

    守勢の小池百合子氏は10Pリードも不安視される“女帝の舌禍”…「排除」発言で急失速の過去

  5. 10
    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至

    大谷を襲う「申告敬遠禍」…不動のリードオフマン離脱は本塁打王争いの行方にも影響必至