「ドジャース以外ノーチャンス」と言いながら…それでもMLB29球団が佐々木朗希を諦めない裏側

公開日: 更新日:

 早ければ今オフにもメジャー挑戦するロッテ佐々木朗希(22)に関して、「ドジャース入りが確実で、我々はノーチャンス」と言うメジャースカウトがいる。

 ドジャースと佐々木の結び付きがそれくらい強く、深いとすれば、素朴な疑問がひとつ。両者の結び付きがガチガチの鉄板で「ノーチャンス」なら、メジャーのスカウトはこの期に及んで、なぜ、佐々木が投げるたびにチェックし続けているのかということだ。

■ヤンキースやメッツもチェック

 実際、佐々木の前回登板だった23日のソフトバンク戦はドジャース、ヤンキース、メッツ、レイズ、タイガース、カージナルス、レッズ、ブルージェイズなどのスカウトたちがネット裏に姿を見せた。来日した外国人スカウトがいれば、「我々はノーチャンス」と言ったスカウトまで来ていたのだ。

「佐々木に関しては、ある日本人の存在が取りざたされています。その人物がドジャースと佐々木のマネジメントを請け負う大手広告代理店との間で暗躍しているというのです。昨年10月、ドジャースのフリードマン編成本部長が、これまで日本人選手の獲得に携わってきたゲレン・カー編成担当を伴って来日。京セラドームのネット裏で当時オリックスのエースだった山本由伸(25=ドジャース)の投球をこっそりチェックしたときに同行した人物。その前後に山本に加えて佐々木に対してもラブコールを送る段取りをしたといわれているのです」(ア・リーグのスカウト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    松本人志裁判にA子さんいよいよ出廷か…執拗な尾行と知人弁護士との不倫疑惑に怒り

  2. 7

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  3. 8

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  4. 9

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  5. 10

    尾行、妨害、不倫、元女性誌編集長…松本人志vs文春の裁判がスゴいことになってきた