カブス今永昇太は新人王予想ランキング2位!タイトル争うのはドジャースから放出された大谷のライバル

公開日: 更新日:

 カブス・今永昇太(30)が日本時間27日、敵地ボストンでのレッドソックス戦に登板。メジャー移籍後最長となる6回と1/3を投げ5安打1失点、1四球7三振で開幕から無傷の4勝目を挙げた。

 この試合を含めて5試合27回3分の2を投げ、防御率0.84はナ・リーグ2位。FОXスポーツ(電子版)が26日に発表した新人王予想ランキングでリーグ2位に入った。記事では開幕早々、左太もも肉離れで負傷者リスト(IL)入りしたエース左腕スティールの穴を埋めるに十分なパフォーマンスと、高く評価している。

 この今永を抑えて新人王候補の1位になったのが、カブスの同僚マイケル・ブッシュ内野手(26)だ。ドジャースから移籍した今季はここまで24試合に出場し、打率.289ながら、リーグ6位タイの6本塁打、同12位タイの17打点(日本時間27日現在)。7本塁打、17打点の大谷翔平(29)とナ・リーグのタイトル争いに名を連ねている。

 ブッシュは、ドジャースでメジャーデビューした昨季、27試合で2本塁打、7打点をマークしたものの、野手の層が厚いド軍では余剰戦力扱い。昨季、右膝前十字靱帯断裂で全休した同じ内野手のラックスが復帰するため、若手有望株との交換でカブスに放出された。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  5. 5

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  1. 6

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」