現役引退のMF長谷部誠が描く「ドイツ代表史上初の外国人監督」就任の青写真

公開日: 更新日:

 独ブンデスリーガ1部フランクフルトに所属する元日本代表MFの長谷部誠(40)が、現地17日に現役引退を表明した。

 静岡・藤枝東高から2002年に浦和に入団し、07-08年シーズン途中から独1部に移籍して18年が経過。プロ通算22年、フランクフルトで10シーズン目となる今季、残り5試合での決断だった。

 22年に「27年6月までの5年契約」を結び、期間中に引退しても「コーチとしてクラブにとどまる」ことが既定路線。ドイツサッカー連盟(DFB)公認B級ライセンスを取得済みで、来季はドイツ4部(相当)に所属するフランクフルトU-21チームでコーチを務めるともっぱらだ。

「引退会見で『第二の故郷・ドイツに長く滞在するだろう。(最上位ライセンスの公認)S級も取得したい』と話していたが、まずはフランクフルトの監督として独1部で結果を残し、それからスペインやイングランドの強豪クラブで采配を振りたいと考えているようだ」(サッカー関係者)

 独1部で通算383試合出場。21-22年シーズンのELを制覇した。代表歴12年半で8年間主将を務め、10年南ア、14年ブラジル、18年ロシアのW杯に連続出場。2度の16強入りの立役者となった。11年には自己啓発書「心を整える。」を出版して160万部の大ベストセラー。印税1億6000万円は、同年に起きた東日本大震災の被災地にすべて寄付した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

    2018年から25年を調査!7年間で偏差値上昇の大きかった私立大学・学部は?

  2. 2
    大関琴桜が平幕相手に“セコすぎ相撲”で自身の首絞める…「横綱にして大丈夫?」と昇進見送り懸念

    大関琴桜が平幕相手に“セコすぎ相撲”で自身の首絞める…「横綱にして大丈夫?」と昇進見送り懸念

  3. 3
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 4
    松下洸平『with MUSIC』苦戦で囁かれる"賞味期限切れ説"…「光る君へ」登場もNHKの尽きぬ不安

    松下洸平『with MUSIC』苦戦で囁かれる"賞味期限切れ説"…「光る君へ」登場もNHKの尽きぬ不安

  5. 5
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  1. 6
    山寺宏一「31歳年の差婚」前々妻は祝福も前妻の微妙な反応

    山寺宏一「31歳年の差婚」前々妻は祝福も前妻の微妙な反応

  2. 7
    「月1万円生活」は今や昔…180度変化した大谷の金銭感覚 25億円別荘の次は12億円豪邸購入

    「月1万円生活」は今や昔…180度変化した大谷の金銭感覚 25億円別荘の次は12億円豪邸購入

  3. 8
    高齢者は「65歳以上→70歳以上」へ…政府また詐欺的手法で年金削減へアノ手コノ手着々

    高齢者は「65歳以上→70歳以上」へ…政府また詐欺的手法で年金削減へアノ手コノ手着々

  4. 9
    【静岡県知事選】岸田自民“討ち死に”濃厚、不可解な「情勢調査」とチラつく菅前首相の影

    【静岡県知事選】岸田自民“討ち死に”濃厚、不可解な「情勢調査」とチラつく菅前首相の影

  5. 10
    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ

    飯豊まりえは高橋一生との結婚で危機再燃?「新垣結衣の二番煎じ」懸念て何だ